脱毛 足

自分の体質を把握

美容法は常に進化し続けています。今日はやっていたものが次の日には古くなる。脱毛法も聞きなれない名前が沢山あります。でも、すぐに新しいものに飛びつくのは考えものです。人のお肌や価値観は千差万別です。

 

 

皆様、ご自分のお肌を手をよく洗って触れてみてください。かさかさしていますかそれともしっとりふんわりしていますか。お色はどうでしょう。お酒を召しあがったりなさる方の中で頬がすぐに赤くなる方は皮膚が薄い可能性があるそうです。美容部員の方などに「お肌が薄くていらっしゃる」と言われた方は、刺激の強い脱毛法は向かないかもしれません。

 

また、むだ毛の質はどうでしょう。黒くてごわごわだったりする方は糸脱毛は少し痛いかもしれません。少し時間はかかりますが、レーザー脱毛や、光脱毛等色素に反応するものの方が良いかもしれません。

 

皆様、いつもお風呂等でご自分の身体をご覧になっておいでですか。私はお風呂上りに洗面台の3面鏡や部屋の姿見を使って、体の様子を確認しています。体質的に、肌が弱いので自分の肌の様子を確認すると共に、どこか醜くなった場所が無いか探し、分析するのです。これは皆様が脱毛をなさるときにも大切なことです。

 

また、いつもお召しになっているお洋服の色は、どのようなものですか。脱毛をした後は別の項でも述べましたが、紫外線対策が必須です。実は夏の太陽というものは色の淡い服を透過するほどの紫外線をまき散らしているのです。もし淡いお色がお好きなら、紫外線量が少ない時期を選んだほうがお肌に負担をかけずに済みます。

まずは自分の体質を把握しましょう関連ページ

サロンの探し方
脱毛のタイミングは?