脱毛 足

失敗談

出来るだけ気を付けていても、むだ毛処理でやってしまったと思う事が皆さまにはございませんか。今回は私の苦い経験をお話いたしましょう。

 

 

私はサイズの問題から、スカートを履くことが多いのです。腰はそう太いわけではないのですが、足に筋肉がついていますので腰にあわせると入らないのです。そのため伸縮性の良いレギンスを使うことも多いのです。

 

 

その日は処理をしていなかったのですが、隠れるからいいかと思ってそのまま7分丈のレギンスを履いて行ったのですそうしましたら、動きにあわせてめくれてしまい、隙間から無駄毛が「こんにちは」家に帰ってから気が付いて顔面蒼白になりました。また、病院に行ったら心電図をとると言われて靴下を脱いだら、足の甲の手入れを忘れていて無駄毛だらけの足を人様にお見せすることになりました。

 

 

1番後悔したのは、やはり無謀な処理。私はケロイド体質と言って、少しの刺激で肌が腫れあがるのです。ホルモンバランスが関係していると言われていますが、脱毛はどのサロンでも難しいと言われています。前に大丈夫だと思って足の指毛を毛抜きで抜いたらぷっくりと腫れてしまったことがあります。

 

 

また、足ではないのですが、少し急いでいて、いつもは石鹸の泡を塗ったうえでそっているのをソープ付カミソリだけでそったのです。その時は何ともなかったのですが、後から日にあたったら腕が真っ赤になってしまいました。まるで因幡の白ウサギのようで鍼灸師の先生に炎症をおさめて頂きました。皆様もお手入れの時は気を付けてくださいね。